私がシミに気づいたのは32歳です。左の目じりに直径1センチほどの薄いシミができていました。自分の顔にシミができる日がこんなに早く来るとは思ってもいませんでした。翌年に結婚式を控えていたので本当にショックでした。その日から、私とシミの戦いが始まったのです。

最初に始めたのはビタミン剤を飲む事です。1日2回1錠ずつ、4年経った今でも飲み続けています。それには、できてしまったシミが少しでも薄くなるようにという願いと、これから出てくるシミが1つでも減りますようにという願いが込められています。

次に「HAKU」という美白美容液を購入しました。朝夕の洗顔後、化粧水と乳液の間に使用しています。最初はシミにだけ塗っていましたが、「HAKU」はシミ予防の美容液だと知って、顔全体に塗るようになりました。4年間塗り続けていますが、目じりのシミは消えていません。消えてはいませんが、濃くもなっていません。また、2つ目のシミは今のところできていないので、予防効果はあると思っています。

シミ予防には保湿が重要だということも知り、化粧水を保湿効果の高い物に変えました。オイリー肌のため、乳液を使うのがあまり好きではありませんでしたが、たっぷりと使うようになりました。シミ対策で使い方を変更したのですが、オイリー肌も落ち着いてきて、一石二鳥という感じです。

目じりの乾燥が気になるので、1年ほど前から保湿用のナイトクリームを使っています。目じりのしわが完全に消えるまではいきませんが、確実に効果は出ています。シミ予防にもなっていると信じています。

日焼けしやすい体質なので、10代の頃から毎日日焼け止めを使っています。紫外線がきつい時期はアネッサを、その他の時期はビオレを使っています。屋外にいる際は、特にシミができやすそうな頬は、数時間置きに日焼け止めを上塗りしています。また、サングラスや帽子を使い、なるべく顔の日焼けを防げるようにしています。

肌をこすりすぎるとシミやシワの原因になると聞いたので、化粧水から日焼け止めまで、塗る際はなるべく優しく塗るように気をつけています。

最初の対策から4年経ちますが、シミ第2号はできていません。ビタミン剤、美白美容液、保湿、日焼け止めといろいろ試しているので、どれが一番効いているのかは分かりません。分からないのでどれも止めることができませんが、今のところ「HAKU」以外はお金をかけていないので、続けられるだけ続けたいと思っています。

シミが出来てしまった年齢。

初めて、鏡を見た時に、こめかみにシミを見つけたのは、28歳の時でした。基本、毎日の洗顔だけしか、顔の手入れをしていないのですが、20代で、シミが出来てしまった事が、凄くショックで、鏡を見る回数が、凄く減りました。自分の顔を見るのが嫌になり、鏡を避けるようにもなりました。一番苦手になったのは、外出です。

娘の行事はもちろん、普段の買い出しの時、いろんな人に見られるので、シミを隠せる大きさのメガネに、変えてみたり、食生活も、ビタミンを多目にとるようにして、不規則な生活リズムも、出来る限りリズムを決めて、時間で区切って、ダラダラと過ごすのをやめたりしています。

シミを消したりするクリーム等を使いたい気持ちは、強いですが、金銭面が食べていくので精一杯で、スキンケアにお金をかけられないので、マッサージをしてみたり、入浴方法を変えてみたりしています。

大きなシミが、左右に出来てしまっているので、これ以上、増やさないように、原状維持もしくは、改善が出来るように、日々、出来ることから、チャレンジし続けているところです。今のところ、シミは、増えたり、大きくなったりは、していないので、自分に合うあっているスキンケアが出来ているのかな?と思っています。