女性なら気になるシミ。特に日に焼けやすい顔や手の甲は人から見られる部分なので気になりますよね。シミを予防するために、すぐできる方法をご紹介したいと思います。まず、一番重要な事は日焼けをしないことです。ちょっとコンビニに行くだけ、ちょっと洗濯物を干すだけ、ゴミを出すだけだからと何もケアをせずに出掛けていませんか?紫外線は曇りでも注いでいます。ちょっとの時間でも日焼け止めクリームやパウダー、さらに帽子も被ると良いでしょう。焼けたくないからといって、日常生活でSPF50など高いものを使っていませんか?肌にも負担がかかるので、日常生活ではSPF20~30でも充分なので、シチュエーションに合わせて日焼け止めクリームを選んでいきましょう。出掛ける時は、目から入る紫外線も油断はできないので、サングラスや帽子、日傘もするとおすすめです。何年も使っていると、効果が落ちている場合もあるので、新しく購入するか、UVカットスプレーをするといいでしょう。手の甲も焼けやすいので、こまめに日焼け止めクリームを塗ったり、アームカバーをしたりしましょう。よく朝に食べる柑橘類には、日に焼けやすい成分が入っているので、食べるのであれば夜がおすすめです。小さな事ですが、未来の自分のために頑張りましょう!

シミ予防のための紫外回避法

一度できてしまったシミは紫外線により影響を受けてさらに大きく、濃く広がる可能性があります。

紫外線照射時間が概ね7秒間を超えると、肌はダメージを受け始めて来るのです。

日常生活のうっかりミスで紫外線に当たると、シミができてくるのですが、7秒間ルールを守るようにしています。

とはいえ、紫外線という光線は、部屋の窓さえあれば遮光カーテンを取り付けていない限りにおいて、存分に入り込んでくるものです。例え部屋の中で過ごしていようと、日当たりの良い部屋であれば光線は室内へと注いでいるのです。

もちろん、室内で安心して過ごしている人の肌へもダメージを与えてしまいます。

唯一安心できる環境というのは、夜間の暗がりのなかと限られてくるのです。

屋外をはじめとして屋内の部屋、曇りの日、雨天の日、雪の日、冬場でさえ紫外線はとうに地上へと注がれてくるのです。一年を通した対策としては、年中日焼け止めクリームを塗っておくという方法、サングラスと帽子の応用、があります。

とくに、高地で標高の高い場所に住んでいる場合、夜間以外には日焼け止めクリームを塗っておくほうが良いのです。高地では標高の高さからょり紫外線の光線が降り注ぎやすく、浴びる量も多いということになります。