熱と太陽の両方への暴露を制限すること。何年もの間、「太陽からシミ」は名前が示すように、太陽が原因となっていました。しかし、より新しい研究は、直接紫外線だけでなく、太陽から放出される熱がメラニン活性を刺激し、茶色の斑点を生じることを示しています。残念ながら、日焼け止めをやり直したり、帽子をかぶり、日陰にとどまっていても、顔料の生成を避けることはできません。そして、それが毎年猛暑となる南部地方に住む私たちのためは、それは非常にイライラしています。これを知って、そばかすやシミをあなたが懸念している場合、あなたは間違いなく熱と太陽の両方にあなたの暴露をさけたいと思うと思います。。

できるだけ肌を冷たく保つこと。屋外で過ごした時間から過熱した皮膚や運動はメラニン活性(赤み)を増やすことがあるので、皮膚の温度を低く保つことが重要です。これには、スキンケア製品を冷蔵庫(特にアルコールを含まないトナー)に入れておき、皮膚に塗布すると冷却効果が得られるようにすることができます。さらに、私は、冷蔵庫にゲルベースのマスク(Bio Calm Repair Masqueのようなもの)を保管し、薄い層を付けて15分間放置することを推奨します。これは肌を冷やすだけでなく、暑くて渇いた肌に水分を与えるのにも役立ちます。ゲルマスクは手軽に持っていないのですか?凍ったエンドウ豆の袋を15分間皮膚に塗布すると、過熱した皮膚を冷やすのにも役立ちます。

以上です。

サプリメントと薬用化粧品を併用してシミ対策!

あまり肌のことは気にしていなかったせいか、

20代後半になって目の下のところにシミがぽつんとできてしまいました。

まずはこれ以上シミを増やさないように、外に出る時は必ずUVクリームを塗ったり、

紫外線が強い時には日傘をさしたりと紫外線対策を徹底しています。

さらに、できてしまったシミに対しては「美白」のサプリメントやお薬、

シミ・そばかすの生成を抑えると厚生労働省に認められているような化粧品で

毎日朝晩2回としっかりケアをしています。

気休めかもしれませんが、医薬部外品を使うことで効果が出るかなと思ったので。

薬用化粧品のおかげか、サプリメントのおかげかは分かりませんが、

使っていて肌全体が明るくなった気はします。

シミは一瞬濃くなりましたが、そのあと薄くなりました。

後で調べてみると、メラニンが排出されていく過程で、シミが濃くなることもあるんだとか。

やっぱり続けていくことが大切ですね。

その時点でやめなくてよかったと思っています。

最近気になっているのは、日焼け対策のサプリメントがあること。

いわゆる「飲む日焼け止め」のようなサプリメントです。

毎日外を出る前に必ずUVクリームを塗るのが少し面倒に感じていたので。

こういったサプリであれば塗らなくともUV対策ができるのでは!?と思っています。